ネットでの出会いの危険性とは

インターネットを活用すれば理想の異性と簡単に出会える、しかしネットでの出会いの危険性も存在しているので気をつけて利用をしましょう。

初心者、猜疑心が無い人ですとネットでの出会いを期待した結果、お金を騙し取られたり、脅されたり、といったトラブルに遭ってしまいます。

勿論、詐欺師のような利用者ばかりではなく中には純粋なる出会いを求めている人物も沢山いますのでまずは危険な人物を見極めるようにしましょう。

インターネットにはお金目的、ストレス解消目的などといったよからぬ目的のために出会い系を利用している人物が存在しています。

例を挙げてみますとキリがありませんが代表的なネットでの危険な出会いが以下の通りです。

美形、美女の顔写真や美味い誘い文句でサクラやキャッシュバッカー行為を行なっているお金目的の人物。

お金をあげる、お金を振り込む、メール交換をしようなどと誘ってきてメール情報や口座情報を得て悪用する人物。

美人局、オヤジ狩り。

成人だと言っていたのに実は後で未成年と告げて脅し金品を要求してくる人物。

待ち合わせ場所に行ったら誰もいなくて後で冷やかしだったと告げられるイタズラ行為。

女性の場合は出会う相手が男性だった場合暴力行為をふるわれる事も。

これらが代表的なネットでの出会いによる弊害ですが、少しの注意力と自分が相手を見極める目を持っていれば避けられます。

どうも会話が浮ついている、矛盾が多い、こちらを食い物にしようとしている、といった雰囲気を感じられたらその人物とは出会うのをやめて他の人間を探しましょう。

ネット慣れしていない高齢者の男性が出会い系のサクラに数百万円を騙し取られたという例もあります。

巧みに騙されて金品を巻き上げられたり、脅されたり、個人情報を売られてしまった場合は警察に行きましょう。

警察に行く時にこちらが不利にならないためにも、こちらも正直に真面目にネットで振舞わなければなりません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です